何が違う?初心者の為の自転車の選び方 どこで買う編

自転車を買おうと思った時、どこで買おうか迷いませんか?最近は大手の自転車販売店やメーカーのストア、またはホームセンターなんかでも販売していることが多くなってきました。また、ネットでも気軽に注文できるようになりました。

そこで、どこで買うのが一番いいのかをお伝えできればと思います。

まずは結論!

絶対に自転車専門ショップで購入するべきっ!!

となります。

自転車は日常で使うものですから、より安全で乗る人の身体のサイズに合ったものでなければなりません。サイズ選びが適切であればより快適性を増し、疲れにくくなります。しっかりと知識も技術もあり、そして出来れば店主自らが普段から自転車を使用し、自分のチームを持ってイベントなど活動しているようなショップが望ましいと思います。

自転車専門ショップを勧める理由 その1 〜技術力〜

実は、自転車を注文すると7〜8割組み上げられた状態で店舗に届きます。その状態から組み立てていくのですが、すでに組まれている部分も物によっては雑に行われている場合があります。ここで問題が発生する事がかなり多いのです。

また、7〜8割組まれた状態からでもやはり組む人によって完成度には違いが生まれてしまいます。自転車は多くのパーツを適切に組み上げる必要がありますので、組み手の技術力でその自転車のもつポテンシャルをどこまで引き出せるかがカギとなってきます。

しっかりとしたショップですと、仮組みされた状態を一度バラして、1から丁寧に組み直していきます。結合させる部分を丁寧にグリスアップし、精度高く完成させてくれます。この作業があるおかげで、安全性が増し、より長く乗り続ける事が出来るのです。

「最初の一台だから」

「そんなスピード出さないし」

「レースとかに出るわけじゃないしなぁ」

そういう方にこそ大事なポイントです。車や歩行者が入り混じる中を走る自転車は、確実に真っ直ぐ走る事が出来る。確実に適切に止まる事が出来る。ガタガタしたり、パーツがグラグラしたりしない。こういった点は命に関わる事なので非常に大事です。

また、量販店は売れたら終わり!ということもありますので、対応が親切ではなかったり、修理を頼んでも簡単なパンク修理など以外は取り扱ってくれないと言った問題が発生することもあります。

自転車専門ショップを勧める理由 その2 〜知識〜

自転車そのものやパーツ、そしてサイズやライダーの悩みなど、たくさんのお客様の相談に対応しているショップは多くのノウハウを知っています。初心者特有の悩みに常に対応しているスタッフがいれば、すぐに対応してくれますしその対応も適切です。

決してマニュアルに即したものではなく、ひとりひとりの微妙に違いのある悩みにも丁寧に対応してくれるのは、乗り始めたばかりで多くの悩みを抱える初心者ライダーにとって心強いパートナーとなってくれます。

自転車専門ショップを勧める理由 その3 〜仲間〜

自転車専門ショップは、そのショップ毎にチームを持っている事があります。定期的にイベントを開催して、仲間同士で交流を深めています。

初心者を対象にしたビギナーイベントで自転車の扱い方を学べたり、初心者同士でコミュニティが出来たり先輩ライダーに気軽に相談する機会があったりと、新しい世界が広がるきっかけになります。

同じ趣味を持った人と楽しみを共有したい!という人にうってつけの機会ですね。

デメリット

ここで自転車専門ショップを選ぶデメリットもお伝えしたいと思います。

量販店などに比べると金額が高い

自転車ショップは基本的にオーダー制の為、量販店のように大量仕入れで価格を下げることが出来ません。ショップ毎に独自のサービスがあったりしますが、価格面だけで言えば量販店に軍配が上がることが多いです。

欲しい実車が置かれていない

上記と重なるのですが、オーダー制の為に常に多くの完成した自転車が置いてあることは少ないです。実際に置いてある台数は限られているので、実物を見ないと安心できない!実際に乗って試してみたい!という人には向いていないです。

ただし、量販店でも台数に限りはありますし、欲しい自転車が置いてあってもサイズが合わない場合は取り寄せになることが多いです。

ショップでも、運よくサイズの合う実車が置かれていれば購入することができます。置いてある在庫車は基本的に展示品となる為、割引してくれる良心的なショップもあります。

選べるメーカーが限定されている場合がある

ショップには、各メーカー毎に取り扱い契約が必要です。例えば年間販売台数が何台といった条件があるので、販売力次第ですが一度にたくさんのメーカーと契約することが難しいのです。

ですので、ショップによって得意なメーカーや割引対応してくれるメーカーなどが決まっていたりします。中には、販売台数を確保する為にそのメーカー車をゴリ押ししてくるショップもありますので、そのメーカーが気に入らなければショップを変えた方がいいです。

※すすめてくれるメーカー車自体の性能が決して悪いわけではないので、あくまでメーカーが気に入らなければ違うモノを購入すれば良いだけってことですね。

店員に当たり外れがある

店員も人間ですので、専門ショップに限ったことではないのですが当然その店員によって良し悪しがあります。

技術はあるけどコミュニケーション能力に乏しい

話は面白いけどどこか頼りない

”一度買ったらそれで終わり”ならいいのですが、修理や悩みなどでまた訪れる機会も多いのが自転車ショップです。話しやすく、この人からなら安心して買える!というショップを選びましょう。

良いショップのポイント

自転車専門ショップと言っても全てが安心とは言えないとお伝えしました。

「じゃあ結局どうしたらいいの?」

そう思った方も多いと思いますので、私目線でポイントをまとめたいと思います。

  1. 店員自身がライダーである
  2. ショップ内でチームを持っている
  3. ショップで定期的にライドイベントを行なっている
  4. 店内に店員が実際に使用しているバイクが置いてある
  5. お客様の整備車が置いてある
  6. 馴染みのお客様がよく来店してくる
  7. ブログなどで活動内容を定期的に発信している

良いショップは店員さんも積極的に活動していますし、確かな技術を持っているのであれば店員自身の愛車が飾ってあったり、常にお客様の整備バイクが多く置いてあるモノです。

ライダーも信頼できるスタッフをよく見て選んでいるので、そう言ったポイントを押さえておけばショップ選びで失敗することは少ないと思います。

注意点

ネット注文が便利になり、自転車でもオンライン販売が増えて来ました。安く買える為に利用する方も増えていますが、個人的にはオススメ出来ません。なぜならここまでお伝えして来たように、自転車自体の品質よりも組み上げの精度に不安があったり保管状態にも疑問を感じるからです。

同じように、中古もオススメしません。中古売買サイトもあったりして見た目が綺麗に販売されていても、そのもの自体がどのように扱われていたか、どんな管理がされていたかが不透明です。

命に関わるモノですので、安心安全に投資する意味でも無理に購入価格を下げようとしたりせずに信頼できるショップを選んで欲しいと思います。ネット購入は自分で見極められる上級者向けって事ですね。

まとめ

新しい自転車を手に入れると、ちょっと遠くまで行ってみようかとか、少しスピードをでしてみようかとか、どんどん新しいことに挑戦してみたくなります。

そういった新しい世界を広げる為にも、

  • 安全安心な自転車の組み上げ技術をもつスタッフが常駐している。
  • 分からないことや不安な時に相談に乗ってくれる丁寧な対応をしてくれる。

そんな自転車専門ショップと付き合っていく事が今後のサイクルライフを快適にする為の大事なポイントですので、是非そういった信頼できるショップを見つけて自分の愛車購入を検討してみてください。

ちなみに自分の場合、全6台の自転車を一つの信頼しているショップから購入させて頂きました。参考になれば幸いです。

自転車
スポンサーリンク
かぜをフォローする
kazeの雑記ブログ

コメント