何が違う?初心者の為の自転車選び コンポーネント編

自転車

同じメーカーの中でも金額によって様々な種類があったと思います。素材だけでなく、使用されているパーツの種類やグレードによっても金額は変わってきます。

ざっくり言いますと、金額が上がれば上がるほど高くて軽いパーツで組まれています。速度を変える為のギヤやブレーキに関わるたくさんのパーツを総称して「コンポーネント、あるいは単にコンポ」と呼ばれています。大きく3種類あるのですが、どれがいいのでしょうか。

まずは結論!

  • いずれはレースにも参加したい!!  → SHIMANO 105(イチマルゴ)
  • 通勤や通学用。少しでも安い方がいい → SHIMANO CLARIS(クラリス)

となります。

重さや素材など違いはありますが、コスパやメンテナンス性、修理の際のパーツの手に入れやすさなどからSHIMANOを選んでおけば間違いありません!105とCLARISの間にも何段階か分かれているので、予算と目的に合わせてその間から選んでみるといいと思います。

SHIMANO シマノ

世界に誇る日本国産メーカーのSHIMANO。品質に優れ、世界のプロロードバイクにも多く使用されています。世界で指示され続け、自転車の心臓部とも言えるコンポが国産なんてロマンがありますね。主に6グレードに分かれています。

DURA-ACE デュラエース

 11段ギヤ。最高グレードで価格も品質も最高級です。主にプロバイクに使用されています。

ULTEGRA アルテグラ

11段ギヤ。2番目のグレードですが、決してデュラエースに引けを取らない品質。プロ志向のレーサーやプロのプライベートバイクにもこのグレードを選ぶ方が多いようです。コスパ的にも良いと思います。

105 イチマルゴ

11段ギヤ。ゆくゆくはレースにも出たいと考えている方にうってつけのグレードです。価格と高品質のバランスに最も優れていると思います。

TIAGRA ティアグラ

10段ギヤ。低価格ですが、上位グレードと構造は同じつくりになっています。入門用バイクとして多くのものに使用されていて、より身近なものとなっています。

SORA ソラ

9段ギヤ。ギヤ数は下がりますが、問題なく使用できます。通勤通学、普段使いのバイクに使用されています。

CLARIS クラリス

8段ギヤ。初心者向けグレードですが、安心の品質です。バイクの中でも価格の低いバイクに採用されていることが多く、価格は抑えながらもしっかりしたコンポを使用したものに乗りたいという方にオススメです。

CAMPAGNOLO カンパニョーロ

イタリアのブランドで、こちらをこだわって使用されるライダーも多いです。SHIMANOとはやや構造が異なり、シフト変更の操作など違いはありますが、役割的には同じです。1〜2割程度値段が高めになっています。

SUPER RECORD スーパーレコード

11段ギヤ。最上位グレードで最高品質です。プロバイクに使用されます。普段使いのバイクでこのグレードを見かけたら、よほどのマニアか大金持ちと思って間違いないと思います。笑

RECORD レコード

11段ギヤ。2番目のグレードですが、操作性など最上位グレードと使用感は変わらないものに仕上がってると言われています。こちらのグレードもなかなかお身にかかれない代物です。

CHORUS コーラス

11段ギヤ。3番目のグレードですが、SHIMANO最上位グレードのデュラエースと同等と言われています。上位グレードとの使用感も差を感じることはあまりなく、カンパニョーロのコンポにかける想いがうかがい知れます。

POTENZA ポテンツァ

11段ギヤ。コストパフォーマンスにも優れた上位グレードのコンポです。

CENTAUR ケンタウル

11段ギヤ。入門グレードとされていますが、ギヤ数も他と変わらず安心して使用できます。

VELOCE ベローチェ

10段ギヤ。最も廉価なグレードですがリアのギヤはしっかり10段あり、初めてでもカンパニョーロを使ってみたい方にオススメです。

SRAM スラム

アメリカのブランドで、元々はMTB(マウンテンバイク)業界のパーツを製造していました。最近、その技術力を活かしてロードバイク業界にも参入。特徴は油圧式ディスクブレーキを全てのグレードに採用し、まさにMTBの技術を取り入れ年々支持が高まっています。

RED 22 レッド22

11段ギヤ。最上位モデルで軽量化に優れたモデルです。プロバイクに採用され、操作性も直感的で優れていると言われています。

FORCE 22 フォース22

11段ギヤ。2番目のグレードですが、最上位には引けを取らないモデルです。

RIVAL 22 ライバル22

11段ギヤ。コスパに優れ、レースにも挑戦してみたい方にも、普段使いの方にも適したモデルです。

APEX エイペックス

10段ギヤ。エントリーモデルの位置づけとなっています。MTB好きだけどロードバイクにも挑戦してみたいという方の1台目に向いているかも知れません。

まとめ

かなりざっくりした説明ですが、自分の乗り方に合わせたバイクを選べば、それに適したコンポーネントが採用されている為、あまり悩む必要はありません。こんなメーカーがあって、こんなグレードに分かれているんだなぁとなんとなく理解していれば大丈夫です。そんな雑学的な選び方でした。

ちなみにわたくしkazeは

  • ロードバイク 105
  • ロードバイク アルテグラ

こんな感じのコンポが組んであります。参考になれば幸いです。

自転車
スポンサーリンク
かぜをフォローする
kazeの雑記ブログ

コメント