何が違う?初心者の為の自転車の選び方 目的別編

自転車

自転車に興味が湧いて、いざ買おうと調べてみると種類が多くて何を買っていいかわからないですよね。自分が購入する時も本当に悩みました。何冊もカタログをもらって来ては比較してみる。けど結局よくわからない。。そんな同じお悩みを抱える方のためにまず、「どんな場面で乗りたいか?」に合わせて選んでみてください。それでは紹介していきます。

ロードバイク 〜整備された舗装路なら〜

最近よく目にするようになりましたハンドルがグイッと曲がっているそいつ。そう、ドロップハンドルを備えたそれがロードバイクです。自分もこのタイプがお気に入り。

早い!軽い!疲れにくい!整備された舗装路を走る事においてロードバイクに勝るものはありません。長距離を楽に早く遠くまで行けるようにとことん研究し尽くされ、タイヤも細く、自転車のスタンドさえも削ぎ落としたロードバイクには無駄のない美しい造形美を感じます。

ロードバイクの中でもさらにシーンにあわせて種類があります。

  • ロードバイク オールラウンドタイプ。普段使いから競技用まで
  • グラベルロード 未舗装、悪路にも対応。
  • フラットバーロード ドロップハンドルが苦手な方に。
  • TTバイク 特殊なハンドルの、タイムトライアル専用バイク。公道は危険
  • ランドナー サイドバッグやフロントバッグ取付可の小旅行用タイプ。

クロスバイク 〜街の中を走るなら〜

スピードも欲しいけどオシャレに街も走りたい。でもたまには山道なんかも行ってみたい!そんな欲張りなあなたにぴったりな自転車がコレ!!

様々なデザインがあり、ハンドルも真っ直ぐ(フラットバー)なので今までの自転車の感覚でそのまま乗れます。街乗りや10km程度の通勤通学ならぴったりの自転車です。

マウンテンバイク 〜山道を攻める〜

山道を走るならコレ!砂利道や段差だって道を選ばないアクティブな走りを楽しみたい人の為の自転車です。また、サスペンションが付いていたり太くてゴツいタイヤを装備するマウンテンバイクは、クルマ好きの人にも好まれる傾向にあります。

マウンテンバイクにもタイプがあります。

  • フルサスペンション 前後にサスペンションが付き、高低差のある場所も可。
  • ハードテイル 前のみサスペンションあり。軽量でメンテナンスしやすい。

ピストバイク メッセンジャーバイク

街中をカラフルにのりこなす!自転車で個性を出したり、ファッションの一部として取り入れる人も多いピストバイク。自転車の中で最もパーツが少なく、壊れにくく修理もしやすいという理由から元々はアメリカで自転車配達を仕事とするメッセンジャーの人たちが好んで乗っていました。日本では競輪(ケイリン)で使われているイメージの方も多いかなと思います。

ピストバイクは少しクセが強いバイクで、ペダリングのフリー機構がないものがあります。フリー機構とは下り坂などでペダルを止めてもタイヤは回り続けますよね?それがピストバイクでは出来ないのです。

一輪車をイメージしてもらえば分かりやすいと思いますが、ペダルを回した分だけタイヤも回ってくれます。つまり漕ぐのをやめるとタイヤも止まることになります。逆回転させるとタイヤもバックすると言う事です。慣れるまで少し練習必要がありますね。

今では日本でもメッセンジャーやUber Eatsで使用する人もいますね。たくさんのカスタムパーツがあったりと、より自分好みに仕上げたいならピストバイクがオススメです。もちろん、しっかりとブレーキ付きのモノを使用してくださいね。

わたくしkazeも所持しています。グイグイ進む自転車と自身の一体感がたまらない!!

https://www.uber.com/jp/ja/deliver/

ミニベロ 〜街乗りに旅のお供に〜

小さなタイヤに小さな車体。車に積んで持ち運べたり、可愛い自転車に乗りたい!!という方にはこちらがオススメです。小さいからって舐めてはいけません。スピードだって他の自転車に負けていませんし、性能も優れているものもあるので選択の自由度も高いです。

折りたたみ式もありますので、ドライブで一緒に持ち運んで目的地をサイクリングしたり、行きは自転車で頑張ってきたけど帰りは電車で帰ろうかなんてことも出来ます。急な雨の時にも安心ですね。

個人的には次に一番欲しい自転車です!!!!

他にもいろいろ

BMX

オリンピック競技種目にも選ばれたBMX。競技の種類によっても様々なタイプがあります。これを普段の街乗りに使用するのはかなりの根性が入ります、笑

シクロクロス

クロスバイクと混同してしまいがちですが別物。オフロードの障害物競技で使用される自転車です。ロードバイクのようなドロップハンドルを持ち、泥や砂に強いパーツで組まれたシクロクロスで、世界大会も行われる競技用自転車です。

電動自転車 eBIKE

かなり発達してきて扱いやすくなった電動自転車。昔よりはるかにバッテリーも小型化、軽量化され、長距離でもかなり走れます。電動ロードに電動クロスバイク、電動折り畳み自転車など「好みの自転車×電動」で選ぶのもありですね。

シティサイクル

いわゆるママチャリなどがこのタイプ。荷物を運んだりするのに最適。ただ、他のタイプに比べるとめちゃくちゃ重い……

ファットバイク ビーチクルーザー

やたらと太いタイヤの自転車を見かけたらそれがファットバイクです。タイヤの幅はマウンテンバイクの倍ほどのものもあり、その太さは原付バイクレベルです。その為、圧倒的にどんな路面でも気にせず走ることが出来ます。雪道も何のその。

これだけは気を付けて!!!

初心者の方に気をつけて欲しい大切なポイント。それは、見た目は似ているけど本来の性能は持っていないタイプの自転車がある事です。通称ルック車と言われるものです。

例えば、ぱっと見はマウンテンバイクなのですが、本来備わっているべきサスペンション等の機能を充分には持たない自転車です。重量もかなりあります。「オフロード走行禁止」なんて書いてあったりします。

機能は要らないから安くて見た目だけでもかっこいい自転車に乗りたい!!そんな人の為の自転車です^^理解した上で乗るのなら良いのですが、事故にも繋がりかねないので、うっかり誤っての購入に気をつけてくださいね。

まとめ

たくさんの種類がありましたが、自分の乗る目的に合わせて選んでみると楽しいと思います。ちなみに自分ではタイプは違えど5台の自転車を所有しています^^

  • ロードバイク 2台
  • ピストバイク 1台
  • 電動自転車  1台
  • キッズバイク 1台

新たにもう一台キッズバイクを購入予定です。やり過ぎですね、笑

乗ればどんどん世界が広がって行きますので、ぜひ充実したサイクルライフを送れると良いですね。

自転車
スポンサーリンク
かぜをフォローする
kazeの雑記ブログ