自転車乗りの救世主!?骨伝導イヤホンはサイクリング中でも音楽が聴ける最適解

自転車

サイクリングは自然を感じて走るのが醍醐味。風や周りからの音を聴きながら走ることでより自然との一体感を感じられます。でも自分の好きな音楽を聴きながらサイクリングを楽しみたいと思う方も多いですよね。

法律や条例では、ヘッドホンやイヤホンを着用しながらの走行を禁止している場面場所もあります。実際に走行中、警察の方に注意された方もいるのでは無いでしょうか?

法律や条例に関わらず、走行中に周囲の音が聞き辛くなるのは危険に気付くのが遅れてしまいますので避けたいところ。

そういったときに活躍するかもしれない救世主が「骨伝導イヤホン」です!

骨伝導イヤホンって?

最近かなり流行って来ている骨伝導イヤホン。種類も豊富になりデザインもかなりスタイリッシュなものも増えて来ました。中には防水性を持つものもあり、雨や汗に強いタイプもあります。

音が聞こえる仕組みは、今までの直接耳を塞ぐイヤホンと違って頭のこめかみや耳軟骨部に音を伝える部分の振動によって直接脳に音を伝えています。

つまり耳を塞がなくて済むので周りの音を妨げることなく音楽が聴けるというわけです。すごいですよね。おかげでサイクリング中も好きな音楽を楽しみながら安全に走行することが出来ます。

メリット

周囲の音を妨げない

先ほどもお伝えしたように、直接耳を塞がなくていい骨伝導タイプは周囲の音が聞き取りやすいです。音楽を聴きながらでも近づいてくる車両の走行音や緊急車両などのサイレンなども聞き漏らすことがありません。

自転車走行は、より周囲の音を聞き分けて安全を確保する必要があるので、このタイプでなければ危険すぎて音楽を聴きながら自転車に乗ることが出来ないというわけです。

耳に悪影響を与えづらい

近年、イヤホンやヘッドホンが普及して音楽だけでなくゲーム等で利用されることも多くなって来ました。しかし、イヤホンを使用することが耳に悪影響をもたらす「イヤホン難聴」になってしまうという話も出てきています。

主に耳鳴りや聴力の低下、または耳からの影響で目眩や肩こりになってしまうということもあるようです。

そうならずに音楽を聴けると言われているのが骨伝導イヤホンです。直接耳を塞ぐことがなく、耳に悪影響を与えづらいと言われています。健康の為に自転車を選ぶという方も多いと思いますので、身体と一緒に耳の健康にも気を遣っていけるというのがいいですよね^^

疲労が少ない

長時間にわたって耳を塞いだりヘッドホンで左右の耳ごと圧迫すると疲労感がたまりますよね。でも骨伝導はその心配がありません。

もちろん長時間使用するというのは骨伝導であっても良くない事ですが、かなり圧迫感などからは解放されて快適に使用できると思います。ヘッドホンなどですと装着時に耳周辺がけっこう暑くなったりしてしまうのですが、その心配もないです。

デメリット

音漏れが心配

直接耳に伝えていない仕組み上どうしても通常のイヤホンなどに比べて音漏れしやすくなっています。最近のものは品質もかなり向上していて普通に聴く分には全く問題ないと思います。ですのでどの程度の音量で聴くかにもよりますが、大音量ですと周囲に漏れてしまうのでボリュームには注意が必要です。

サイクリングに使用するのなら問題ないと思いますが、そういった特徴を持っているということは頭に入れておきたいですね。

音が小さい

振動させて音を伝えているので、ボリュームが小さく感じがちです。その分音量を上げれば良いのですが、そうすると今度は音割れして聞こえたりするので注意が必要です。

体感では、最初は聞こえずらかった骨伝導の音も長く使用しているうちに聞こえが良くなってきました。実際に骨伝導に慣れることで本当によく聞こえるようになってくるそうです。(個人差はあります)音の聞こえ方も今までのものとは違って不思議な感覚があるので是非体験して欲しいですね!

音質が悪い

同価格帯のイヤホンヘッドホンに比べて音質がやや悪い気がします。特に音質にこだわる方なら音楽を楽しむ専用の高音質なイヤホンヘッドホンと分けて使用した方がいいです。

まとめ

ワイヤレスの骨伝導イヤホンなども出てきましたので、ますます自転車との相性がよくなってきたと感じています。音楽を流しながらでも普通に会話も聞こえるので何か不思議な感覚ですが、使用してみれば便利さがすぐにわかると思います。

車や電車通勤などの普段使いにもとても良いと思いますので、一度試してみて欲しいと思います。

以上、参考になれば嬉しいです^^

自転車
スポンサーリンク
かぜをフォローする
kazeの雑記ブログ

コメント