転職をする為に最初にした事 転職サイトとエージェントの違い

転職

急に仕事を辞めちゃったのでゼロからの転職活動になってしまいました。

仕事を探す為に何から始めたら良いのか、自分がした事を記録しようと思います。

転職サイトに登録

まずは転職サイトで探さないと始まりませんよね。という事で転職サイトに登録しました。登録したのは以下の2つです。

マイナビ転職

マイナビ転職は評判も良く、いろいろなところで紹介されている通り求人数も多かったので幅広く情報を知りたい方におすすめとの事でした。実際に使ってみて確かにたくさん求人を探せましたので、まずはこちらで検索していくという使い方をしていきます。

リクナビNEXT

リクナビNEXTも人気があるようです。こちらも有名なだけあり、多くの求人が検索できました。マイナビ転職で調べつつ、載っていないものや共通の求人でも見比べられるようにこちらで検索していくという作戦をとると良いかも知れません。

転職エージェントに登録

転職サイトと何が違うの?って人もいると思いますが、結構違うようです。転職サイトは自分で条件を登録して検索をかけていくのに対して、転職エージェントは条件に合った求人を紹介してきてくれたり、どういった理由で転職を考えたのか等の面談も兼ねています。また、面接への準備や対策も共に考えてくれます。

こちらは4つ登録しました。

JACリクルートメント

歴史も古く実績があり、30、40代からのハイクラスな求人に向いているエージェントのようです。年収500万円以上の求人を得意としていて、成功率も高いようです。キャリアアップを共に考えてくれる、条件に合えば一番頼りになる生涯付き合えるエージェントとなりそうです。

ちなみに自分の場合ですと、電話面談もなくメールで一蹴されてしまいました、、、笑

マイナビエージェント

こちらもかなり評判が良く、20代からでもしっかり対応してくれる親切なエージェントです。まず最初に登録するならこちらがオススメのようです。同じマイナビでもマイナビ転職と違い、より相手に合った求人を探してきてくれるようですし、未公開求人も多く持っているので相談する価値は高そうです。

ちなみに自分の場合ですと、飲食系の経歴ということもありキャリアアップの求人は少ない傾向にあると言われてしまいました。飲食業界はやはり若くやすい人材を採用して自社で育てる手法が今でも主流のようですね。。。

doda(デューダ)

個人的に使いやすいエージェントです。こちらで持っていた求人は自分の求めていたものもあり、他のサイトやエージェントにないものを見つける事ができました。電話面談では、違う業種のキャリアチェンジの求人を勧められました。今までに経験のない業種に視野を広げられるのも面談ならではの強みがと思います。

あくまでも個人的な感想ですが、もしかしたら飲食業界にもやや強いエージェントと言えるのではないでしょうか。

リクルートエージェント

リクルートのエージェント版ということでマイナビと似たような感じですね。エージェントからのおすすめ求人は結構多くもらえる印象です。こちらも面談させて頂きましたが、dodaの方と同じようなキャリアチェンジの求人を頂きました。エージェントによっても話は違うと思うのですが、同じような求人情報を勧められるというのも複数社に登録したからこそだと感じてます。

こちらもdodaと似たような飲食業界系の求人を見つけることが出来ました。自分の調べ方によるのかも知れませんが、自分にあった求人も出てきたのでイメージは良いです。

転職エージェントの注意点

エージェントは質が高めの求人を持っていて、相談しながらより適した職を一緒に見つけていこうというスタイルです。しかしながら、採用されたら企業側から紹介した求人の年収30〜40%相当額を成功報酬として得るという収入モデルとなっています。つまり、悪いエージェントに当たるととにかくどこでも良いから入社させようとしてくるようです。複数のエージェントとよく話してみて、より相性の良いエージェントを見つけられるとかなり良い転職活動になると感じます。

まとめ

まずは転職サイトと転職エージェントに登録して次の仕事を見つけていこうと思います。

・転職サイトは本当にたくさんある求人の中からお宝を自分で探しだす感じ。

・転職エージェントはサポート付きの道案内付きでゴールを目指していく。ただし、望まない会社を無理やり勧められる場合あり!!

こんな感じで使い分けていくと良いのかなと感じました。不安は尽きませんが探していきます!

転職
スポンサーリンク
かぜをフォローする
kazeの雑記ブログ

コメント