30代で転職活動を始めて思うこと 〜転職しないリスク〜

転職

急に仕事を辞めて始まった転職活動。以前勤めていた会社には15年間勤めてきました。企業としてベーカリーのお店を運営してきまして、毎日パンを作って販売したりお店の管理をしたりとたくさんの学びを得つつも自分自身のこれからの成長と人生を考え転職を決意!

転職しないリスク

転職活動を進めていくと、自分が今の会社で行なっていた仕事や与えられていた給与、様々な会社独自の制度を客観的に比べることが出来ました。そうすることで今まで在籍していた会社がどんな会社だったのか、他の人たちはどういった環境で働いているのか改めて知るきっかけになりました。


これ以上給与アップが見込めないリスク

自分のいた会社では店舗を複数持っており、そこでのポジションは店長でした。店長で頂いていた給与の適正度合いは置いておくとして、店長から上へのキャリアアップはなかなか見込めないような状態でした。数人上司はいるのですが、よくある長年いる方でポストは埋まっており、そこが空くまで待つのはなかなかの忍耐が必要です。

また、結果を出したからそのポジションに近づくという評価制度もなかったので、その時のタイミングや社内政治に賭けるにはコスパもかなり悪いと考えました。

成長しないリスク

やはり長年同じような仕事を続けていると、新しいことを学ぶ機会はかなり減っていきます。実際に自分のいる会社ではパン職人としてのスキルも、店長としてのマネジメント力も、ある程度のものを学び切ってしまったのでこれ以上ここで得るものを探すのはなかなかに難しいと思いました。

上司に吸収できるスキルを持っている方がいらっしゃればまた別かとも思うのですが、そんな方がいる訳でもなく自らこの会社で新しい事を模索して得ていくには限界があると感じました。

転職耐性がないというリスク

昔ほど「一社で勤めているから偉いっ!」という風潮は無くなってきているようです。むしろ、一社での経験しかないことが不安視されることもある時代になってきたと言えるようです。

  • 前の会社ではたまたま上手くいってた
  • 実力じゃなく会社の力だった
  • その地域が有利な環境だった

こういった場合も想定できるので、本当に本人の実力で今までの結果を出せていたのかについて疑問を持たれることもあるようです。転職経験があれば、どの会社に行っても結果を出せる再現性のある人財として市場価値が高まり、さらにキャリアアップの目指せる会社からも欲しがられる人財として重宝されるのです。

逆に転職していないことがマイナスになるということも考えなければならないようです。

今の状況が続かないリスク

転職なんてすると、

  • 給与が下がる可能性もあるし
  • 新しい事を覚えたりするのも面倒
  • 次はもっとブラックな会社かも

そんなリスクはもちろんあると思います。でも今の会社にい続ける事だってリスクはあるんです。あの日本のTOP of TOPのトヨタ自動車でさえ、「終身雇用の維持は難しい」という時代。今の会社が自分の雇用をこの先もずっと守ってくれる保証はありません。

特に、自分のような飲食系の業界は顕著です。もしこのままなんの努力もせずに歳をとっていくと、当然今よりも動けなくなる日は必ず来ます。今はまだまだ動けるので良いと思いますが、この先に待ち受けているのは「生産性は悪いのに給与だけ高い迷惑な人材」というレッテルを貼られる日です。

転職活動をして特に感じたのは、飲食業界はわざわざ年収の高い人材を外部から来た人を雇うよりも、若い人材を安く雇っていちから育てる意識が強いという事でした。どこも同じではありますが特に労働力を必要とする飲食業界は、「多少できるけど高い中堅」よりも「換えの利く若手を大量に採用する」方が経費を抑えやすいのです。

もしなんとなく向上心もないまま今の会社でいいなんて考えていると、若くてやる気もあって仕事の出来る人たちがどんどん入っていた時に自分の居場所があるのか、そこを考えたほうがいいと感じました。

まとめ

転職すると当然今より悪くなるリスクもありますが、逆に良くなるチャンスもありますよね。「ノーペイン、ノーゲイン」という言葉があるのですが、まず先にリスクを取らないと何も得られないという古くからの教えがあります。失ったからといって必ず何かを得られる保証はありませんが、今より良くなる可能性を信じて自分は転職活動を頑張っていきたいと思います。


転職
スポンサーリンク
かぜをフォローする
kazeの雑記ブログ

コメント