子供用自転車で最初の一台は何が良い?初心者の為のキッズバイクの選び方

自転車

子供に最初に買ってあげる場合の1台目も迷いますよね。年齢にもよりますがどういったものがあるかを見ていきましょう。補助輪付きでいずれ外して長く乗るタイプがいいか、またはペダルなしで足で蹴って走るタイプがいいのか。

この2パターンに分かれるかと思いますが、メリットとデメリットをふまえて見ていきたいと思います。

補助輪タイプ


後輪の左右に補助輪が付き、自転車が初めてのお子様でも転倒する事なくのりこなすことが出来ます。お子様の成長に合わせて、ゆくゆくは補助輪を外して乗るタイプです。

メリット

  • 練習せずにすぐ乗ることが出来る
  • 安定していて転倒しづらい
  • 補助輪を外してからも長く乗ることができる

デメリット

  • 補助輪を外した後はまた1から練習が必要
  • サイズが合わなくなる場合がある
  • 持ち運びに不便

わたくしkazeの幼少期はこのタイプしかなかった為、補助輪タイプで走り回っていました。小学生に上がるタイミングで補助輪を外したのですがそこからの練習には苦労した記憶があります。

親子で練習するコミュニケーションの一環としては良いかと思いますが、乗る本人にとっては少しでも楽に乗れるようになりたいもの。お気に入りの自転車に長く乗り続けられるというのはメリットですので、充分に安全性を確保の上で一緒に練習しましょう。

通常のタイプでも早く乗れるようになる為のお勧めの練習方法があります。それは、ペダルのステップを外してランニングバイクのようにして練習することです。

自転車に乗る上で最も大切なのはバランスをとること。始めはどうしてもペダルを漕ぐことに夢中になりがちです。そのためにペダルはない方が都合がいいですね。

まずはゆるい下り坂などを利用してバランスをとりながら乗るということを覚えていき徐々に平地でも感覚を養っていけば、よりスムーズに補助輪なしに慣れることができると思います。もちろん、大人が一緒に付き添って見守ってあげてくださいね。


キックタイプ ランニングバイク


ランニングバイクと呼ばれています。最近はSTRIDER(ストライダー)という商品がとても流行りましたので、知っているまたは実際に目にした事のもある方も多いのではないでしょうか?ぺダルがなく自分の足で自立し、歩くようにして前に進ませるタイプです。

メリット

  • 対象年齢が1歳半から乗れるものがある
  • 歩行する練習にもなる
  • 通常の自転車に乗り替えても覚えが早い
  • ランニングバイクのレースイベントも開催されている
  • 車での持ち運びに便利

デメリット

  • すぐ買い替えなければならない
  • モノによっては乗る場所を選ぶ
  • 想像以上にスピードが出過ぎる
  • よく転倒する

出先にも持ち運びやすいこのタイプは、旅行や少し遠くの公園などで乗るのにも適しています。通常の自転車に乗り始める前の練習に適したランニングバイクはとても注目され大ヒットしました。

初めからペダルの無いこのタイプは練習に適しているだけでなく、レースイベントが開催されるほど人気がありますが、過剰にスピードが出てしまう場合もある為、思わぬ事故や大きな怪我へ繋がらないよう注意が必要です。

STRIDER(ストライダー)では、あとからペダルを取り付けることの出来るモデルが発売されました。すぐに買い替えなければならないというデメリットを解消できるので、選択の範囲が広がりますね。


まとめ

どちらを選んでもそれぞれのメリットデメリットを一部解消できる方法と合わせてお伝えしてきました。見た目や好みに合わせて選んでも問題なさそうですね。

  • 主に自宅周辺で使用 → 補助輪付き
  • 持ち運びもしたい方 → ランニングバイク

こういう選び方がいいかなと思います。

ちなみにわたくしkazeは、子供用1台目としてはランニングバイクを選びました。

SPECIALIZED HOTWALK ¥18,700

 https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/c/c506030/

個人的には買って大満足でしたが、当の本人が全然乗ってくれずに結局は親戚のお子さんのもとへ、笑 そんな手痛い出費になったバイク選びでした。

以上、参考になれば嬉しいです。

自転車
スポンサーリンク
かぜをフォローする
kazeの雑記ブログ

コメント